就職・転職/自分に向いている就職先を探すには

就職・転職で答え辛い質問にはこう答える

就職・転職で面接を受けるときには、面接官から何が聞かれるのかはドキドキすると思いますが、就職・転職の面接では聞かれたくないことや、答え辛いこともよくあると思います。例えば就職や転職の際に、新卒で就職しなかったとか、転職してきたといった場合には、フリーターを経験していることもあります。その場合、フリーターをしていた理由を就職・転職の面接で聞かれることもあると思います。就職・転職の面接でフリーターをやっていた理由を聞かれて答え辛いかもしれませんが、アルバイトをやっていて得たことなども交えて話せばいい方向に持っていくことが出来るのではないでしょうか。

それから、就職・転職の面接で聞かれることで、転職の人の場合はなぜ前の職場をやめたかにすいては必ずと言っていいほど聞かれる可能性が大きいと思います。ですから、その場合は、出来るだけマイナスな話にならないような方向で話を持っていくのが大切です。また、就職・転職の面接で、聞かれたら嫌だと思っていることがあらかじめあるのなら、そのことについて聞かれたときの応え方を自分で先に考えておくことも大切です。就職・転職の面接では何を聞かれるかはわかりませんから、何を聞かれてもいいように、聞かれたら困ることも困らないで対応できるようにあらかじめ言葉を考えておくといいですね。

厳選3

# サイト名 PR リンク