就職・転職/自分に向いている就職先を探すには

就職・転職で希望年収の答え方

就職・転職をする際に面接などで聞かれることがある希望年収ですが、就職・転職などで聞かれる希望年収はどれくらい希望したらいいのか迷う人もいるのではないでしょうか。まず就職・転職の状況がありますが、基本的には就職の場合には、希望年収は聞かれないことが多いと思います。転職の場合は比較的希望年収を聞かれることが多いようです。就職・転職で希望年収を聞かれた場合、実際に今その企業で働いている社員がどれくらいもらっているのかを知っておかなければ見当がつかないのではないでしょうか。転職・就職の際に希望年収を聞かれたとき無難な応え方としては、貴社の水準に合わせるという応え方が一番無難です。

また就職・転職で希望年収を聞かれた場合には、ストレートに金額を応えるのではなくて、自分がどれくらいの仕事が出来るのか、どんなことをやりたいと思っているのかを応えてそれに見合った年収をもらうように伝えるのがいやらしくない希望年収の応え方ではないでしょうか。就職・転職で希望年収を応えるときはまず、見当違いな額を応えて失敗することがよくありますし、また低く言い過ぎて、年収が低くなってしまったとか、高く言い過ぎて相手に不快感を与えるといったことがあるようですから、就職・転職で希望年収を聞かれた場合には答え方には気をつけましょう。

厳選5

# サイト名 PR リンク