就職・転職/自分に向いている就職先を探すには

就職・転職と適性検査について

就職・転職の際に最近採用試験で行われることが多くなった適性検査について紹介したいと思います。この就職・転職の際に行われている適性検査は、SPIだけでも、ほとんどの企業で行われているそうです。SPIという適性検査以外にも、YG性格検査やGAB検査などが就職・転職の適性検査として行われています。なぜ今就職・転職に適性検査が行われているのでしょうか。これは何百人、何千人のエントリーシートを呼んだり履歴書を見てまた面接までするのはなかなか採用する側も大変だといわれています。この大変さを削減するために、ふるいをかける意味でも、就職・転職に適性検査が使われているのだそうです。

就職・転職の際の適性検査では、企業によってその内容は違うのですが、国語、数学、一般常識や性格などの種類のなかから出題されるのが多いようです。就職・転職の際に適性検査を行うことによって企業側は採用者を決定しやすくなりましたし、就職・転職を希望する人達にとっても無駄な時間が少なくなったといえると思います。就職・転職をする場合には適性検査対策もしておかなければいけません。最近では適性検査のための問題集なども販売されていますし過去問題などもありますから就職・転職を希望する人は目を通しておくほうがいいでしょう。

厳選7

# サイト名 PR リンク